COGコード・記号(Cognizance Code/Symbol)は補給管理を行う資材統制機関(ICP – Inventory Control Point)を識別のために用いられる米国海軍の内部管理コード。2桁の英数字で米国連邦ストックナンバー(NSN)に対して接頭記号として用いられている。資材識別目的にNSNの一部として用いられているわけではない。1番目の数字は、以下のような在庫アカウントであることを表している。

  • 2、4、6、8の偶数は予算購買アカウント(Purchase Account)で実行される資材であることを示している(8Aを除く)。
  • 1、3、5、7の奇数は海軍ストックアカウントで実行される資材であることを示している。
  • 9は海軍ストックアカウントで実行される海軍小売品目であることを示している。
  • 0(ゼロ)はストアアカウント(Stores Account)で実行されていない資材を示している(0Pを除く)。

記号の2桁目はアルファベット文字で、品目の管轄権を有する技術的管理者(局/コマンド)および在庫管理者を識別できる。在庫管理者は米国 海軍関連資材の担当分野における需給統制を行う資材統制機関である。

« 用語集一覧に戻る