共有する
AJAX progress indicator
検索: (クリア)
  • a

  • Assignment Date
    認定日 - Assignment Date: NIINが割り当てれた日付(ユリウス暦表記、例: 71237)。保存されているフィールドはccyyddd形式になっていて入力・出力が無視されている。 - 詳細

  • b

  • BC
    空軍予算コード(Air Force Budget Code) - 管理情報目的で予算会計で品目を分類するために使用される米国空軍採用のコード。 - 詳細

  • c

  • CAGE
    民間・政府機関組織コード(Commercial and Government Entity Code) - 連邦政府が調達する品目を製造または設計する個人・組織に割り当てられるコード。また特定の米軍仕様書・規格や政府機関・パネル・委員会を識別するためにも用いられることがある。連邦カタログシステムのカタログデータ識別のために使用され、MILSCAPとサービスADPシステムで要求されている互換性のある機械装置の契約者を確認することにも用いられる。 - 詳細

  • d

  • DEMIL
    非軍事化コード(Demilitarization Code) - 非軍事化が必要な品目とその種類を示すコード。 - 詳細

  • e

  • ESD
    静電気放電コード(Electrostatic Discharge Code) - 品目がまたは電磁気障害の影響を受けやすいかどうかを示すために使用される1文字のコード。静電気による損傷はその品目そのものの動きや離れていたときに発生した静電気の蓄積が、直接接触していた状態から離れることによって起こる。電磁気障害は品目が静電気や磁場近づくことで起こる A - 既知の静電気放電(ESD)または電波障害(EMI)の敏感性はない。 B - 静電気放電(ESD)の敏感性がある品目であることを表している。 C - 電波障害(EMI)の敏感性がある品目であることを表している。 D -(詳細) - 詳細

  • f

  • FSC
    連邦補給品分類(Federal Supply Class) - 99の連邦補給グループで構成され、各グループには2桁のコードが割り当てられてる。例えばグループ10は武器、グループ13は弾薬と爆発物なっている。これらグループはさらに99の連邦供給クラスに分類される。このようにグループとクラスを組み合わせた4桁のコードが連邦補給品分類 - Federal Supply Classificationとなる。システム内でのソートキーとしても使用される。 - 詳細

  • h

  • HMIC
    危険物指定コード(Hazardous Material Indication Code) - DLIS TIR(総合品目レコード - Total Item Record)のコードで、FSC(連邦補給カタログ - Federal Catalog(詳細) - 詳細

  • i

  • ISC
    品目標準化コード(Item Standardization Code) - 個別の品目を標準化するためのコード。国防総省標準化マニュアル(Department Of Defense Standardization Manual)4120.3にて定められているルールと手順に基づいて定められてている。 0 - 国防脅威削減局(DTRA)また は国家安全保障局(NSA)の仕様書統制下にある品目。 1 -(詳細) - 詳細

  • j

  • JTC
    ジャンプトゥーコード(Jump to Code) - I/S(Interchangeable/Substitutable: 互換性と代替性)ファミリー内の品目の消耗に伴う通常の順序に対する例外を示すコード。 - 詳細

  • m

  • MRC
    主要求項目コード(Master Requirement Code) - FIIGの中で物理的特性要求または性能特性要求に割り当てられる4桁の英字コード。 - 詳細

  • n

  • NIIN
    ナショナル品目識別番号(National Item Identification Number) - 最初の2桁は初めに物品が登録された国を示し、次に7桁の品目識別番号が続く。(National Item Identification Number: ナショナル品目識別番号) - 詳細

  • o

  • OOU
    使用順序(Order of Use) - 各部隊・機関のI/S(Interchangeability/Substitutability)ファミリー内のナショナル物品番号のI/S関連性を示すコード。最初の2桁はI/S使用順を示すサブグループコード、最後の1桁はサブグループ内のI/S順を示すシーケンスコード。 - 詳細

  • p

  • PMIC
    貴金属表示コード(Precious Metals Indicator Code) - 貴金属を含有する品目を識別するためのコード。貴金属は電気伝導性や腐食耐性のような優れた特性を持ち、稀少性が高く、非常に価値があると一般的に見なされる。米国連邦政府の貴金属回収プログラム(Precious Metals Recovery Program)には金、銀、白金、パラジウムが含まれる白金類、イリジウム、ロジウム、オスミウム、ルテニウムが対象になっている。 - 詳細

  • q

  • QPA
    構成部品数量(Quantity Per Assembly) - 関連ナショナル物品番号で識別される品目の数を示す3桁の数字コードで、アセンブリ内で要求される。 - 詳細

  • r

  • RPDMRC
    参照・部分方法理由説明コード(Reference/Partial Descriptive Method Reason Code) - NIINの割当申請または復活させるための品目識別のために参考区分または部分的な説明区分として使用されるコード。 - 詳細

  • s

  • Schedule B
    スケジュールB(Schedule-B) - Schedule-B: 米国国勢調査局によって割り当てられる輸出品目識別コード。10桁のコードで最初の6桁はWCO(世界税関機構)が割り当てるHSコードが用いられる。 - 詳細

  • t

  • TIIC
    品目識別タイプ(Type of Item Identification) - 連邦品目識別の区分を示す説明コード。 - 詳細

  • u

  • UPQ
    単位包装量(Unit Pack Quantity) - 管理機関によって制定される単位包装の発行単位数を表すコード。QUP(Quantity Unit Pack)と表記されることもある。 - 詳細

  • w

  • WebFlis
    かつてインターネット上で無料で一般公開されていたFLISデータを検索・閲覧するためのウェブサイト。DLAによって提供され、FLISに含まれるNational Stock Number(NSN)、品目名(item name)、製造元、パーツナンバーをウェブ経由で利用することができた。WebFLISへの一般アクセスは2015年6月15日に終了している。 - 詳細